フォルクスワーゲン?ゴルフ7世代の10話

日本時間で火曜日、遅くとも水曜日夜明けに新たに出てくるゴルフ7世代の価格が明らかになります。しかし、私が、すでにモータースターでも見せたよう、価格がより安くなるものであることは、すべて明らかになった状態です。数回にわたり新型ゴルフ7世代の新しい変化についての情報を得た方もいらっしゃると思いますが。

今日は、初めて公開されたコックピットの写真もお見せし、室内を含めた10種類の変更についてお知らせする時間を持つようにします。新型7世代のゴルフに対する全般的な情報であると見てもよいでしょう。

これゴルフ7世代のアウトビルト(Autobild)の記事です。では、どのような新しさで身につけているかを一つ一つ簡単にみてみましょう。

1。より高級に

上の写真は現在6世代ゴルフコックピットで、下の画像が新たに出てくる7世代のコックピットです。ステアリングホイールが一目で見ても高級に変わっていて、空調機の吹き出し口のデザインなど、変わった痕跡が多く見られます。

VWは、オプションも含んでいた場合、準大型級レベルの設定が可能な第7世代だと話をしています。当然電子パーキングブレーキが適用されています。交通標識認識システムは、新しい形態の駐車補助装置、人間工学設計のスポーツシートが新たに展示します。スポーツシートの場合、デフォルトかオプションか分からないがとにかくドイツ国内で実施した関連キャンペーンで賞まで受賞したようです。 (ところでいつこのようなことをしたかな?)

2。より軽く

既に沢山知られたように、第7世代のゴルフは、第6世代のゴルフに比べて100kg程度の重量を減らしました。最初に話した時よりも減らしたことが明らかになりました。準中型級でこれだけの重量を減らしたのは、自動車工学の革命とまで言われています。今6世代に比べても小さい第4世代のゴルフの重量が1050kgであるが、これよりも軽くなったという意味です。

ドイツで販売されているギアシード(準中型)の最小トリムの重量が1258kgだから、どのレベルか分かりますか?この重量減少は、新しいプラットフォームの作品でもありますが、そのほか様々な要因が反映されて作り出したものです。考えてみると、大きい車は重量を減らすことは比較的困難ではありませんが、この車は準中型級であり、また車体の大きさは、世代の中で最も大きなモデルにもこのような結果を生み出したのです。本当に大変なことに違いない。詳しく調べたい方はこちら⇒http://harushampoo.xyz/

フォルクスワーゲン?ゴルフ7世代の10話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です